最後の練習

冬公演までいよいよあと2日となりました。

今日は、直前リハーサル前の最後の練習です。

ふりかえってみると、

夏公演を終えてから、あっという間の4か月でした。

いろんな方との共演があり、各地のイベントにも出演させていただき、

気がつけば、もうじき雪が降ろうという季節なのですね。

10周年ということで、今までにない、

新しいことに挑戦していこうと試行錯誤してきましたが、

周りの方々に機会を作っていただいたり、支えられたりしながら、

なんとか冬公演を迎えられそうです。

 

太悳としては、自主公演を年に2回も行うこと自体初めてなのですが、

今回の冬公演の内容は、さらに初めての試みだらけのような気がします。

 

まず、太悳が指導している本学公開講座「感性の和太鼓(経験者向け)」を

受講したメンバーによる発表があります。

小学生から大人まで、一緒に取り組んできた練習曲を披露します。

 

また、太悳学生組による合同展示を、演奏会場内で行います。

外部で演奏すると、

「みんなは太鼓学部なの?」

と聞かれることもある学生組の部員たち…。

それぞれの専門分野で学び、作品制作や研究などを行っています。

演奏者でもある部員たちが、普段どのような活動をしているのか、

ご覧頂ければと思います。

 

以前から「こういうことやりたいね」と言っていたことが、

まだまだ発展途上であれ、実現していくのは嬉しいことです。

ほかにも、夏公演とはまた違う太悳を感じられると思いますので、

多くの方にご来場いただければと一同楽しみにしています。

Gozu Yoshino

歪んでぐらぐらしていた大太鼓の台も、ついに修理してもらいました。
歪んでぐらぐらしていた大太鼓の台も、ついに修理してもらいました。
コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。